日々之如何に

日々の事、サッカー(特にJリーグ)、ゲーム等を書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【第4節】 栃木SC VS アビスパ福岡

今節は、共に勝利がない同士なので前半は硬くなるだろうとおもい
スカパーで録画観戦しました。

栃木の監督は、元福岡で若手を育てJ1に昇格した監督です。
特徴は、ゾーンで守り2,3人で囲い込み奪って速攻だったと思います。

前半を見た感じではやはり松田監督のチームらしくキッチリ守備ブロックを作り
前線から激しくプレスをかけて行ってました。

しかし松田監督のチーム作りはまず守備からで少し時間が掛かるため
今回も攻撃では連携があまりよくなくパスミスやとりあえず前に蹴ることが見受けられました。
もしかしたら、連戦の疲れか、天候(雨)など別の要因かもしれませんが、、

そんな中福岡は、始まってすぐはプレスに戸惑いゴール前まで押し込まれる場面もありましたが、
5分ほどすると球離れを速くしてプレスを交わして繋げるようになりました。

が、まだ勝利がないためか連戦の疲れかゴール近くまで行くのですがフィニッシュが
悪く得点できません。
しかし高橋は一人切れていました。

後半に入り立ち上がりは、ハーフタイムに発破をかけられたか栃木の動きが良く
何度かチャンスを作ってました。
一番のチャンスは、福岡のクリアをゴール正面でカットしそのままシュート
雨でグラウンダーだったので危なかったのですが、GK吉田がキャッチし何を逃れました。

その後はまた福岡がペースを握り攻めるのですが、サイドに開いてクロスばかりで
CBにはじかれるばかり。。。
セル爺も言っていましたが、サイド一辺倒ではなく
中央も混ぜていけばサイドも生きてくると思うのですが、、

65分ころ栃木のCKだったかな?から鈴木が前線に速いグラウンダーのクリアを
前線で待っていた高橋が外に開きながらドリブルを開始この時DFと1対1
後ろから大久保、城後が上がってきていました。

PA内で高橋の切り返しにDFが転倒しGK小針も飛び出してきたのを良く見て
ゴール前でどフリーの大久保に優しいクロスをあげ後は入れるだけでした。

こうなると栃木は攻めないと勝てないので前に来ると思われますが、
1分後にもまた高橋から
左サイドで岡本はキープしつつサイドに開いていた高橋にパスだし
そのまま前に高橋は二人に囲まれながらもキープしヒールで岡本にパス
岡本はそのままドリブルでPAに入って行き
ワンフェイントいれ右足でシュートがサイドネットに突き刺さりました。
これは凄いシュートでGKはノーチャンス・・

あと25分近くは栃木が攻め福岡が守る展開になりましたが、
何とかしのぎやーーーと今季初勝利!!

この試合は福岡の選手は後半も良く動き守備もほとんど崩されず
やっと波に乗れそうです。

栃木は後半から出てきた高安のドリブルからチャンスを作っていて
栗原よりいいように感じました。

これで日曜はホームレベスタで横浜FCと今度はホーム初勝利が見たいですね。
あと、久しぶりにカズとアツが見れればと。。

スポンサーサイト
  1. 2009/03/27(金) 00:21:44|
  2. アビスパ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<【第5節】アビスパ福岡 VS 横浜FC | ホーム | 【第3節】アビスパ福岡VS水戸ホーリーホック>>

コメント

テレビで観る事もできなかったんで、詳しいレポありがたいです!!

ただ残念なのは、負けたこと…orz
次こそは勝ーつ!!
  1. 2009/04/01(水) 23:24:18 |
  2. URL |
  3. wShi #1hdzrhW2
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> テレビで観る事もできなかったんで、詳しいレポありがたいです!!
いえいえ大したことないですが、、
栃木は守備がよくかなり惜しいチャンスもあるので
1点入ればかなり違うでしょうね。。

松田さんの福岡初年度も前半こんな感じで
後半怒涛の連勝があったのが懐かしいですね。。
  1. 2009/04/02(木) 01:35:06 |
  2. URL |
  3. やす #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nipoposum.blog67.fc2.com/tb.php/56-700d1e47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。